tukue.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像おねえちゃんについて

娘たちが、中学校、高校に入学してからというもの、家族一人一人が別のスケジュールで

一日を過ごしています。

週末、たまに、姉と妹の時間が合うと、二人で買い物に出かけたりするのですが、

妹にとっては、それはそれは、今までに感じたことがないくらい楽しみなようです。

なぜなら、最近、姉は、学校も部活もプライベートもとても忙しそう。

受験を終えて、いきいきと高校へ通う姿はキラキラ輝いて見えるようで、少し寂しい思いをしていたようです。

妹の机にはこんなものが貼ってありました。

「おねえちゃんについて」

一、 遊びに行ける範囲がひろくなる

二、 いっぱい遊びにいかはっても「うらやましい」と思わない。

三、 遊ぶことが幸せではない

四、 恋愛に夢中になる

五、 恋愛についてよく家でかたらはる

六、 家族とでかけるよりも友だちと遊びに行くことが多い

先日二人で買い物に出かけ帰った後口喧嘩をしていました。

夜には泣きながら日記を書いていた妹。

考えてみればこの一年、姉の受験生活に合わせ、妹もどこにも行かず過ごしてきました。

姉は受験が終わったとたんに、数人で県外へよく遊びに行き、楽しかった話をこと細かに家で話します。

これは・・・まずい。

夏休みあたりはどこかへ連れて行ってあげないと。