無事に高校受験が終わりました。

本当に、心からほっとしています。

思えば、昨年11月頃からのスランプに始まり、スランプが抜けたかと思ったら、1教科の上がり具合がいまいちで、不安なまま受験に突入しました。

滑り止めは無事に合格したものの、第一志望の高校の学科は残念な結果に。

2日間泣き崩れ、精神的にはぼろぼろでした。

周りの友だちで、同じように残念だった子は、娘以外全員、偏差値を下げた違う高校のⅡ類挑戦か、精神的に参ってしまってⅡ類は受けず、滑り止めの高校に決めたのです。

中学校でも塾でも自分だけが同じ高校にリベンジするというプレッシャーと闘うことになった娘は、親が見ていても辛かったです。

結局、もがいてもがいて、逃げずにやっと自分で勝ち取った合格だったように思います。

でも、高校受験はあくまでも通過点。

これからがスタートです。

早速、恐ろしい量の課題とテストが待っている予定で

「遊ぶのは今しかない!」とくたくたになるまで遊んでいる娘です。

こんな姉の姿を見てきた妹は

「次は自分の番や・・・」

と言いました。

「まだ、早いやろー。三年後やん」(笑)