皆さんは「オスグッド」という言葉を聞いたことがありますか?

私は初めて聞きましたが、実は長距離をしている上の子がこの病気?スポーツ障害?になりました。

ある日突然、膝が痛くて階段を座ってしか降りれなくなりました。

そう、イエローレシートの声かけ運動に参加する予定だった前日ですから10日ですね。

娘は体がとても小さいので、私は

「成長痛ちゃうん?背が伸びるかもよ。嬉しい痛みや。ワッハッハー!」

と言っていたのですが、

このオスグッドなるものを経験している友だち数人や、先生に

「一度病院行った方がいいよ」

と言われ、それでもまだ私は

「どーもないやろ」

と言っていたんです。

ある程度痛みはひいたもののなかなかすっきり治らず、

「もうすぐ大会もあることやし、一度診てもらおうか」

ということで、整形外科へ行かせたところ、こんな難しい名前のものでした。

10歳から13歳の成長期に激しい運動をすると、膝の骨がひどい子ははがれるのだとか。

娘はそこまでではなく骨が少し出ている状態でした。

「このまま運動を続けていると、足のがんになるって先生言うてはった」

えーーーーーっ?!

思わず声を出してしまった私です。

一番の薬は湿布して、運動しないこと・・・だそうです。

そして、友だちの情報によると、ある程度成長しきるまで治りにくいけど、逆に成長しきったら必ず治ると聞いたことがあるということでした。

もしかしたら、先の長い話になるかもしれません。

何だか修行を受けているみたい。

親も子も「すぐに答えが出てくるものはなにひとつなく、長い目でもっとゆっくりじっくりみていく努力がたりーーん」と、神様仏様に言われているみたい。

そうだったらやっぱり今にしかできないことを考えて、毎日ストレッチをしていくのが大切なのではないかと思っています。

でもやはり、先がみえないって苦しい・・・。

アスリートの本人も、それを見守る親御さんも、本当に頭下がります。

オリンピックなどの大舞台にいくまでにどれだけ苦労してこられたかがだんだん、手に取るようにわかります。