biwakoho-ru.jpg私がこの日のために毎日をきりつめて(笑)過ごしていると言っても過言ではない2日間が終わりました。

いつも以上に手洗い、うがい、アルコール消毒をし、睡眠時間をとり、無事にこの日が迎えられるようにしてきました。

皆さんからすれば、大袈裟な話だと思います。

ただ、私は本当にMISIAさんに幸せにしてもらっています。だから、ライヴに行けること、また、病室ではなく家でCDを聴くことがこのうえない幸せです。

今回は副代表のみやちゃんと、友人の2人、合わせて4人で参加しました。

自分の席に座ったら、私が歌うわけでもないのに、ものすごくものすごく緊張してしまい、胃が痛くなってきました(笑)

「私ってアホやなぁ・・・」と思いながらも、オドオド落ち着きのない私でした。

MISIAさんが登場したら・・・それはもう・・・涙・・・涙・・・クラップ!!

胃が痛いのなんて一瞬でどっかへいってしまいみやちゃんと盛り上がりました!

終わればもう、ため息ばかりで、出てくる言葉は

「もう~よかった~、よかった~」

の繰り返しです!

次の日は滋賀の琵琶湖ホール(写真)だったのですが、昨夜のあの京都での盛り上がりように私は「MISIAさん、今日の公演大丈夫かな・・・」と母親のように心配していましたが、プロをなめてはいけません!

彼女はプロ中のプロです!

即興でクリスマススペシャルの曲を歌ってしまい、後からバンドさんがMISIAさんのメロディーに合わせてついてきて(これまたプロ!)一曲歌ってしまいました。

音楽が大好きな私にはこれ以上楽しいものはありません。

また、京都でも滋賀でもソウルフルな、低くてしぶいいい声が出て鳥肌が立ったかと思いきや、高くて細い美しい声を出したり、マイクを離して生の声を会場に響かせたり、何十秒も長い時間声を伸ばしたり、いろんな音を持っている方です。

そして、ひとたび喋ったら、かわいい声で話し、ちょっとおとぼけがあったり、それがまたかわいくて、そのギャップがいいのです!

なんだか興奮しすぎましたのでそろそろやめます。

京都公演の後、興奮のあまり3時間しか寝れなかったさくらもちより