秋に朝顔を咲かせるのがけっこう好きなさくらもち。

その理由は綺麗な花がたくさんさいて、葉も大きく、なんと言っても長持ちするからです。

今年の夏は、夏はいつ?というくらい寂しいものでしたが、一応夏の終わりに種を植えました。

子どもが幼稚園児の時に持ち帰った朝顔の種から、もう7代目のものです。

今年はやはり、日照不足なのか、例年より葉が小さかったです。

でも、今も花は咲き続けていて近所の人に

「まだ咲いてるね~。遅咲きの朝顔なの?」と聞かれます(笑)

咲いてるといっても、葉は紅葉したかのような色になりつつあり、もうそろそろ終わりです。

来年のために、また子どもたちに種をとってもらうことにします。

ついでに、雑草抜きもしてもらおうかな

ウッシッシー!