皆さんにはご心配おかけしております。

最近思うことは、大人でも子どもでも話を聞いてあげるって凄く大切だなと思うのです。

別に、私からアドバイスしたり、指導する必要は全くなく、ただ、うんうんとうなずいて聞いてあげる。

今までは「そんなこと」と思っていた行為。

今では「それこそが大切」と感じた行為・・・です。

子どもだと思ってアドバイスしても、それは逆効果なこともあって、ただ、うんうんとうなずいてだまって聞いていると、子どもの方から自分で

「やっぱりこんな考えはよくないよな」

と答えを出してくることもあります。

その時にますます大きくうんうんとうなずくととても嬉しそうな顔をします。

話をうなずいて聞くって、凄いなぁと思いました。

そのうなずきには、「同じ考えだよ」という意味、「いつもあなたのこと見守っているよ」という意味、それから「家で本音をいってくれてありがとう」という意味ももしかしたら含まれるかもしれません。

ただ、うんうんとうなずく。

でもこれは「ただ」ではないな!

と、最近、はっきり確認できたさくらもちでした。

自分にもうんうんとうなずいてあげたいけど、これができません。

胃が痛くて薬にたよってしまいます。

難しいですね。