>さくらもちさん

京都出身の私の母に「十三参り」のことを聞いてみました。

数えの13歳というのは、昔では子どもから大人に変わる

と考えられていた時期なんだそうです。

女の子はこの十三参りを機に、少女用の着物から大人用の着物に

変えるのだって。

うーん、時代を感じるなあ。

男の子でいうところの「元服」みたいな感じなのかな。

母いわく、「お参りは、大人になるための知恵を授かりに行くためのも

の。お参りにいく道中の渡月橋で振り向いたら、知恵がもらえなく

なる。」だって。

日本らしいなあ。

今は着物を来てお参りする子もほとんどいないだろうけど、

大人になるための知恵を頂くという考えはいいな。

さくらもちさんの娘さん、十三参りはどうするのかな??