祝!きらりんブログ♪

初めてのブログにちょっとドキドキしながらの書き込みです。

元患児の娘は、いよいよあさって小学校卒業です。

入学時はまだ2週間に一度通院しなければならない状態。

抵抗力もまだまだ低く、体力もないし、その上通院のため早退が多いとなると、

親としては心配なことだらけでした。

早退のため学校に迎えに行くと、その度にいろんな子が寄ってきて

「なんで帰るのぉ?」と聞かれたものです。

「病院に行くんよ。」と答えると、「ふ~ん」「なんで?」

「検査とかしてもらうんやで。」

ぼやかしたりすると、余計に知りたがるかなあと思って、

隠さずにその度ごとに接していました。

きっとまだ幼かったから、それ以上子どもたちも突っ込んで聞いてくることはなく、

そのうち定期的な早退が当たり前みたいになって、子ども達とすっかり

顔なじみになったものです。

でも、抵抗力のことでは大変でした。娘はなかなか抵抗力が戻らず、

数値的には他の子の3分の1くらいだったんじゃないかなあ。

なので、どこからもらってくるのかアデノウィルスとか容連菌とかに

感染しまくって、よく熱をだしていました。

でも、それも今となっては懐かしい思い出。

今は、周りがバタバタとインフルエンザで倒れても、元気いっぱい、

食欲旺盛で乗り切っています。

心配だらけで始まった小学校生活も早6年。

すっかりたくましくなった娘の卒業式で、涙なくもちこたえられるかなあ・・。