第59回日本小児血液・がん学会学術集会/第15回日本小児がん看護学会学術集会/がんの子どもを守る会

3団体合同公開シンポジウム

「思春期・若年成人(AYA世代)期発症のがん医療環境を考える」

 

日時:2017年11月11日(土曜日)9:55~11:50

会場: 愛媛県民文化会館 ひめぎんホール第一会場 <愛媛県松山市道後町2-5-1>

 

座長:堀部敬三氏(日本小児血液・がん学会副理事長)

      シンポジスト:

        小原明氏(東邦大学医学部小児科)

               「AYAがんの医療環境~2016全国がん医療機関調査の結果を元に」

        髙井泰氏(埼玉医科大学医科大学総合医療センター産婦人科)

               「AYAがん生殖医療の現状」

        富岡晶子氏(東京医療保険大学医療保健学部看護学科)

               「AYAがん患者への支援の現状と課題~看護師調査の結果を元に」

        小澤美和氏(聖路加国際病院小児科)

               「思春期・若年性成人がん患者の悩みとニーズ」

        新平鎮守博氏(国立特別支援教育総合研究所)

               「がん患者の教育の実態~高校と大学の現状について調査結果より」

        土屋雅子氏(国立がん研究センターがん対策情報センターがんサバイバーシップ支援部)

               「AYAがん患者の就労について~新規就労を中心に」

 

※入場無料

主催:公益財団法人 がんの子どもを守る会

この記事は 2017年11月12日 0時00分 まで表示されます。